でこぼこ兄弟ブログ

4人のでこぼこ兄弟の日常や家事、育児のお役立ち情報を書いています!

【大阪市】発達障害の子供のための専門療育機関とは?利用方法と申込み方を解説

子供が発達障害だと診断されて、療育に通う人も多いでしょう。

我が家も4人の子供がそれぞれ知的障害の診断を受けて療育に通っています。

\子供の発達の遅れに気付いたきっかけと発達検査を受けるまで/

【療育ママの体験談】発達障害に気付いたきっかけは言葉の遅れ。私たち家族が発達障害と向き合うまで

療育には、日常生活をスムーズに行うための支援や遊びを通したコミュニケーション能力の向上、運動機能の向上、認知能力の向上などさまざまな内容が含まれています。

また、子ども本人だけでなく、家族支援や地域支援など幅広い支援を含む場合もあります。

\保護者が障害の特性や対応を学べるペアレントレーニングはこちら/

【ペアレントトレーニング】メリット・デメリットとおすすめ施設を紹介【大阪市】

発達障害の子供は、日常生活や学校生活で困りごとが多く、個別の支援が必要な場合が多いです。

自閉スペクトラム症ASD)や、アスペルガーの診断を受けた子供に対して、専門的な個別療育と保護者の研修を行うのが、今回紹介する大阪市の専門療育機関です。

この記事では、専門療育機関の対象者、内容や利用期間、費用、申し込みから利用までの流れを解説します。

専門療育機関の対象者

専門療育機関を利用するためには、以下の対象者である必要があります。

①令和6年4月現在、3歳児(年少期)〜小学校3年生までの子供

平成27年4月2日〜令和3年4月1日生まれの子供】

大阪市内在住の子供と保護者

医療機関で医師から自閉スペクトラム症ASD)・自閉症アスペルガーと診断を受けた子供

障害の疑いと診断された場合は申し込みできません。また、1度専門療育を利用したことがある人も申し込みできません。
①〜③に当てはまる子供と保護者が対象になります。

保護者と子供が受けるそれそれの療育内容

子供の発達の状態や障害の特性に応じて、個別の支援プログラムに基づく療育を専門家と共に行います。

そうすることで、子供の身辺自立や集団への適応、コミュニケーションや学習などの力を伸ばすことが目的です。

また、療育には保護者も参加し、療育で身につけたことを日常生活の場に広げていくことを目指します。

では次に、それぞれ行われる療育の内容を説明します。

 

個別の療育

自閉スペクトラム症の特性を踏まえ、子供の自立や集団に適応する力を伸ばすために支援プログラムに基づく療育を行います。(1時間程度)

 

親子通園

保護者が療育を通じて子供の特性を理解し、療育場面で身につけたことを日常生活に取り入れていくとを目指します。

ぼっちママ
ぼっちママ
個別の療育と親子通園は、概ね2週間に1回の療育を年間20回行います。

 

保護者研修

自閉スペクトラム症ASD)の特性について正しく理解して、その特性に配慮した対応が日常的に行えるように支援されます。(月に1回程度で10項目)

この専門療育ではきょうだい児の同伴はできません。

ぼっちママ
ぼっちママ
ちなみにきょうだい児とは、重い病気や障害のある兄妹姉妹をもつ子供のことです。

 

利用期間と各専門療育施設

利用期間は1年間で、必ず保護者同伴で継続した通所と保護者研修への参加ができることが必要です。

利用開始は4月または9月と専門療育機関によって異なりますので、注意してください。

申し込み順に利用可能な時期になったら発達障害者支援室より電話が来ます。

各療育施設

児童デイサービスセンターan

アクセス:阪急「十三」駅下車、東出入口から出て徒歩約10分

電話:06-4862-5454

FAX:06-4862-5466

駐車スペースはないので、車の場合は近隣の有料駐車場をご利用ください。

児童デイサービスセンターan HP

 

大阪市更生療育センター

アクセス

・電車:地下鉄谷町線喜連瓜破駅下車、一番出口を出て右に歩き、ライフ側に向か信号を渡った100メートル先で到着

・バス:出戸バスターミナル方面(シティバス4系統)または、三宅中方面(シティバス5系統)に乗る人は喜連西池前で降り、左へ歩いて、1つ目の信号を渡り、さらに業務スーパーに向かう信号渡って、右へ100メートル歩くと到着

・車:阪神高速松原線、喜連瓜破出口を下車、1つ目の交差点を右に曲がり、さらに1つ目の交差点を右に曲がり、少し進むとファミリーマートがあるので、そこを右に曲がって進んだ右側の入り口です

電話:06-6797-6681(更生部門)

06-6797-6682(療育部門)

FAX:06-6702-4492(部門共通)

大阪市更生療育センターHP

 

bonキッズ谷町

アクセス:大阪市営地下鉄谷町六丁目駅下車、徒歩約5分

小畑第2ビル403号室 401号室

電話/FAX:06-6765-5539

営業時間:月〜金曜日  10:30〜17:30

bonキッズ谷町HP

 

bonキッズ北堀江

アクセス:地下鉄千日前線西長堀駅、5番出口より徒歩1分

駐車場はないので、近隣の有料駐車場を利用してください。

電話:06-4390-4171

FAX:06-4394-7003

営業時間:火、水、木曜日10:00〜1800

土曜日10:30〜16:30

bonキッズ北堀江HP

 

じらふ中居(ライフサポート)

アクセス:JR阪和線「長居」駅より徒歩5分

地下鉄御堂筋線「長居」駅より徒歩10分

駐車場はないので、近隣の有料駐車場を利用してください。

電話:06-6655-0141

FAX:06-6655014

営業時間:火〜土曜 10:00〜18:00

じらふ中居(ライフサポート)HP

 

大阪発達総合療育センターあさしお園

アクセス:地下鉄中央線 朝潮駅7番出口より徒歩5分

電話:06-6574-2521(月〜金9:00〜17:00)

FAX:06-6574-2524

大阪発達総合療育センターあさしお園HP

専門療育機関の費用

まず、専門療育機関を利用するためには子供の受給者が必要となります。

まだ持っていない人は、各区保健福祉センター福祉業務担当にて、【障がい児通所給付】の給付申請をしてください。

\療育手帳や受給者証の申請方法について詳しくはこちら/

【療育手帳は必要?】メリット・デメリットと受けられる公共サービスを解説

 

利用料金

一定の負担が必要になりますが、月額負担上限額の設定や、軽減措置があるので、負担上限金額内で利用できます。

保護者の研修は無料です。

 

専門療育機関の申し込み方法

郵送かオンラインで申込みをします。

電話・FAX・メールでの申込みはできません。

 

郵送の場合

①専門療育機関利用登録申込書をダウンロードします。

発達障害のあるおこさんのための専門療育機関を機関の所在地利用登録ダウンロードはこちら

➁利用登録申込書を、大阪市立心身障害者リハビリテーションセンター 発達障害者支援室に提出します。

 

オンラインの場合

大阪市行政オンラインシステムにログインして申請します。

大阪市行政オンラインシステムはこちらから

オンラインの手続きには、会員登録が必要ですが書類を送る手間は省けるので、便利ですね。

 

申込み〜利用開始までの流れ

では、申し込んでから専門療育機関で療育を受けるまでの流れを説明します。

①療育の利用開始の案内は申込み順です。

利用可能な時期になったら、発達障害者支援室より電話がきます。

利用案内の電話時期の目安

4月開始:1月〜2月ごろ

9月開始:6月末〜7月ごろ

➁専門療育機関から説明会などの案内があります。

③説明などのあと、専門療育機関と契約して、療育が決定します。

④専門療育機関との契約・面談・アセスメントなど行われて、療育の利用開始になります。

申込み・問い合わせ先はこちら

大阪市心身障がい者リハビリテーションセンター  発達障害者支援室 〒547-0026 大阪市平野区喜連西6-2-55 電話(06)6797-6560

 

専門療育機関まとめ

専門療育機関は、障害や発達の気になる子どもに対して、日常生活や社会生活に適応するための支援を行う施設です。

療育は「治療」と「教育」を掛け合わせた言葉で、健康・生活、運動・感覚、認知・行動、言語・コミュニケーション、人間関係・社会性を学ぶプログラムが組み込まれています。

専門療育機関は、子どもの発達を促進し、家族の負担を軽減するための有効な支援です。

まだ月齢が低く、療育に行こうか迷っている人にも自宅でてきる超早期療育プログラムなど遊びながら、子供の発達を促していくものもあります。

\シローにも試している超早期療育プログラムについて詳しくはこちら/

【体験談】発達が気になる赤ちゃんにやってあげたいこと。 気づいて育てる超早期療育プログラムを1歳半に試してみた

家庭や子供の状況に合ったところで、無理なく探してみてください。